お金借りることについて

「お金借りる」と一言で言うと、あまり良い響きではないように思う。信頼・信用問題にも発展していきます。
お金の貸し借りは、慎重に事を進めなければいけない。借りた後のことを、困っている今だけを考え神頼みするようでは 信用を無くすことも十分に考えられることです。知人だからこそ、口約束だけで済ませるようなことは避けたいところです。
金銭的にどうしても苦しい時はあります。それに伴う収入が追い付かないこともあります。
最近は、カードローンなど簡単に借りれる金融会社も増え、良いのか悪いのか 私は怖さを感じます。
貸すことはあっても、借りることのない私は相手に対し どの位信用しているかを真剣に考え判断をしてきました。幸い裏切られた経験はありません。返済期間や金額を、文章にし信用を失うことはありませんでした。
お金を借りることは、決して悪いことではないと思います。困っている人を助ける・助け合って人は生きている。
お金が絡むと、「金の切れ目は縁の切れ目」とも言いますが、その事だけは、忘れずにいてほしいです。"

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 8日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日までにお金が必要という場合」です。

次のブログ記事は「デートなどの急な出費にはプロミスは味方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。